ハワイ時間 
現在の気温 23.2℃

NEWS2017年12月

2017 年12月25日

スマートバッグ持ち込み制限・ハワイアン航空

15674998_G

ハワイアン航空は、来年1月15日から、取り外しのできないリチウムイオン電池を搭載したスーツケース『スマートバッグ』の預け入れ、機内持ち込みを禁止すると発表しました。これらの電池はショートし、航空機の安全リスクを脅かすことで知られています。『スマートバッグ』は、スマートフォンなどを充電できるUSBポートやGPS、Bluetooth、重量を測定し持ち込み制限を確認できるなどの機能がついたスーツケースです。アメリカ連邦航空局(FAA)に従い、電池が取外し可能な場合は、電池を切ることを条件に機内に持ち込み、頭上収納に収めることができます。ハワイ・ニュース・ナウ

2017 年12月21日

約1000人がハワイ学マノア校を卒業

ハワイ 不動産

先週土曜日にハワイ大学マノア校を約1000名の学生が卒業しました。卒業式では、737名の学生が学士号を、215名の学生が修士号または博士号を修得しました。マノア校の卒業式に出席した保護者に混乱はありませんでしたが、ハワイ島ヒロ校の卒業式では、会場への入場制限が行われ、卒業式に出席できなかった保護者がいました。卒業式会場への入場は、どのキャンパスでも早い者勝ちで、大学側は卒業式に出席できなかった保護者が出たことについて、何度も会場へは早めに到着するように案内を行っていたとのみコメントしました。ハワイ・ニュース・ナウ

2017 年12月20日

ワイキキビーチに「砂のマットレス」を試験導入

ハワイ 不動産

ホノルル市は、ワイキキのクヒオ・ビーチで、砂が流失する問題が深刻化していることから、砂を詰めた『砂のマットレス』を試験的に導入しビーチの一部に設置しました。『砂のマットレス』は、長さ約3メートル、幅約3.7メートルの砂の入ったチューブ状のもので、関係者は「砂のマットレスを埋設することで砂浜が昔のような状態へ戻るわけではありませんが、浸食問題の緩和にはつながるはずです」とコメントしました。ワイキキビーチの砂浜の浸食問題の対策として、過去に何度か砂の補充を行っていますが、安全性とビーチの存続に対する懸念の声があがっています。1940年代には、ビーチの砂に隠れていたコンクリートの基礎部分がむき出しになりました。ハワイ・ニュース・ナウ

ページトップへ